•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


輪郭の手術、当日に帰宅、リスクが大きい

輪郭の手術当日に帰宅リスクが大きい//

輪郭形成術である骨削りや骨切りでは術後に骨髄がむき出しになります/骨髄とは血液を生産する部位です/ですから輪郭の手術後骨髄がむき出しになると骨髄性の出血が術後の夜くらいまでは続くものです/ですから患者に無用に体を動かす事をさせないためにも入院すべきです/また入院する以上翌日のガーゼ交換まで創内(傷の奥)にドレーンを留置さえます/このドレーンは体内に本来であれば存在しないはずの空間が手術によって作られたため術後その空間に麻酔液の残り血液体液などを体外に排水させるポンプの役目を果たすものです/また圧迫包帯も入院ですから腫れを抑えるためことさらガッチリ巻きます/ 術後当日に帰宅するのはリスクが大きすぎます/
————————-◇
上記の文章は「読者の寄稿記事」です/

 

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •